生活に不可欠な「水道」を計画・設計する。

 水道は、人間が生きていくために最も重要なライフラインの一つです。それだけに、それぞれの事業体の担当者の方々も水の大切さをより強く意識しながら、大きな責任感と誇りを持って業務に取り組んでいます。そうした意味でも、常日頃から自分たちの計画はとても責任が重いと認識しています。

 大学在学中、友人に誘われ軽い気持ちで入ったところが、水処理を研究している研究室でした。学部時代には主にデータ整理など単純な作業が多かったので、正直なところ水道に対してそれほど興味は湧きませんでした。就職後、技術士補の勉強を進めるうちに、水道の水処理のおもしろさに気付き、もっと水処理や計画などの仕事に携わりたいと思うようになったのです。

 それで大学院への進学を決意し、縁あって東洋設計に入社することとなりました。私が所属している水環境1部は、主に水道事業の計画・設計を行っている部署です。私自身は、水道設計の基礎であり屋台骨でもある小口径の配管設計からスタートして、その後、小規模ながら水道事業を一から立ち上げる事業計画業務や水道ビジョンの策定業務などに従事してきました。

 事業体のことを第一に考えて業務に当たり、その成果が事業体に受け入れられ、数年後に「あの計画は良かった」「あの設計のおかげで水がおいしくなった」といったお世辞ではない声が聞けたときが、この仕事をしていて良かったと感じられる瞬間です。
 当社では、北陸だけでなく首都圏の業務も手がけています。これまでに私が携わった事業のなかでも、国内では珍しい水質の原水を浄水処理する浄水場の計画・設計が印象に残っていますね。その当時、あまり例のない業務だったので、よく悩み、よく怒られ、よく凹んだ記憶だけが鮮明によみがえります。

 担当者の想いと合理的な方策が異なっていることも、計画・設計を難しくしていました。事業体との最後の協議で「もっと町のことを考えてくれ」と言われ、それまで自分が考えてきたことが自分の理想でしかなく、町にとって一番良いものではなかったのではないかと気付かされました。それ以降、何か悩むことが出てきた場合には「事業体にとって一番良いこととは…」を最優先に善後策を探るようにしています。

 ある程度自由に、自分のペースで仕事の配分や顧客との調整ができる環境なので、仕事はやりやすく、おもしろみも深いですね。営業スタッフとしっかりタッグを組んで、技術と営業が同じ方向を向いて最新の情報を共有し、緊張感を持って切磋琢磨しながら目標達成に向けて仕事に取り組んでいます。

 当社には、やりたいことが実現できる環境が整っています。未来の後輩たちには自分の思いをどんどんぶつけてほしいですし、失敗を恐れずにチャレンジしてほしいと思います。もちろん、自分の言葉には責任を持ち、最後までやり抜く覚悟で。失敗したときは、先輩や上司がフォローするので心配無用です。